Image by 🇨🇭 Claudio Schwarz | @purzlbaum

講座修了から
​認定証発行まで

ステップアップ講座・修了の場合

 (1講座ごと、順番に受講するコースです)

「2級」修了後

  ・修了後 申請書提出

  ・音楽療法・音楽心理ともに

   小論文「私と音楽」提出

  ・申請料1万円

  ・合格の場合、認定料2万円納入

  ・入金確認後、認定証発行

  ・認定証入れ付属します

➤ 2級 認定申請料:1万円

       認定料:2万円

 ※ メンタル音楽療法士2級の申請料は無料

「1級」修了後

  ・修了後 申請書提出

  ・音楽療法は

   小論文「病」提出

  ・音楽心理は

   小論文「とある施設のBGM」提出

  ・申請料:1万円

  ・試験問題をご自宅へ送付します

   解答し返送、合格の場合

   認定料2.5万円納入

  ・入金確認後、認定証発行

  ・認定証入れ付属します

  ・小さい認定証

  ・フォトスタンド付属

  ・名刺発行

➤ 1級 認定申請料:1万円

      認定料:2.5万円

複合講座・修了の場合

 (2つ以上、まとめて受講する講座です)

上位認定が2級

音療2級+メンタル2級 など

1級が含まれていない複合講座

  ・修了後、音楽療法・音楽心理とも

    小論文「私と音楽」提出

  ※ 音楽療法と音楽心理、両方ある

   「複合」の場合、小論文「私と音楽」

    は1通のみ提出

  ・メンタル音楽療法士2級、小論文提出

    はありません

  ・申請料:すべて無料

  ・2級認定料 2万円納入

  ・入金確認後、2級認定証発行

  ・認定証入れ付属します

              

 

「認定料・申請料」について

➤ 音楽療法士2級受講の方

  認定申請料:無料  認定料:2万円

➤ 音楽心理士2級受講の方

  認定申請料:無料  認定料:2万円

➤ メンタル音楽療法士2級受講の方

  認定申請料:無料  認定料:2万円

上位認定が1級

音療2級+音心理1級+メンタル2級 など

1級が含まれている複合講座

  ・2級修了後、音楽療法・音楽心理とも

    小論文「私と音楽」提出

  ※ 音楽療法と音楽心理、両方ある

   「複合」の場合、小論文「私と音楽」

    は1通のみ提出

  ・メンタル音楽療法士2級、小論文提出

    はありません

  ・音楽療法士1級

    小論文「病」提出

  ・音楽心理士1級

    小論文「とある施設とBGM」提出

  ・音楽療法士1級は

    試験問題をご自宅へ送付します

    解答後、返送して下さい

    80%以上正解で合格

    不合格の場合:再試験

    再試験料:1万円

  ・音楽心理士1級:試験はありません

  ・申請料:すべて無料

  ・2級認定料については、下記参照

    無料と、2万円の場合があります

  ・無料または入金確認後

    2級認定証発行

    認定証入れは付属しません

  ・1級認定料 2.5万円

  ・入金確認後、1級認定証発行

    認定証入れ付属します

  ・1級は小さい認定証と

    それを飾るフォトスタンド付属

  ・1級は、名刺発行

              

「認定料・申請料」について

➤ 音楽療法士2級「複合」受講の方

  認定申請料:無料

  2級のみ受講の方 認定料:2万円

  2級、1級、両方受講の方

         2級認定料:無料

➤ 音楽心理士2級「複合」受講の方

  認定申請料:無料  

  2級のみ受講の方 認定料:2万円

  2級、1級、両方受講の方

         2級認定料:無料

➤ メンタル音楽療法士2級受講の方

  認定申請料:無料

    認定料:2万円

➤ 音楽療法士1級「複合」受講の方

  認定申請料:無料

   再試験料:1万円(不合格時)

    認定料:2.5万円

➤ 音楽心理士1級「複合」受講の方

  認定申請料:無料

    認定料:2.5万円

 

申請料・認定料は、各コースごと記載しています。

miura-saori.jpg

イラスト:日本ナラティブ音楽療法協会会員

​三浦 早織 氏

小論文のおおまかな基本>


・序論 自分の「論点」と「意見」を示す
序論は、自分なりの論点(=問)を示し、それに対する自分の意見を簡潔に述べる。
字数の目安 5%
 


・本論 「意見」の理由を書く
意見を裏付ける理由を書く。論点についての自分の考察や、証拠となる事例など、結論の正しさを証明する根拠を挙げ、それを筋道だてて説明する。
字数の目安 80%
 


・結論 自分の「意見」を書く
序論で示した自分の考えを、もう一度まとめ直して書く。
序論と結論は呼応していなければならない。
本論の要点をここでまとめ、自分の意見をはっきりと出す。
字数目安 15%

このような感じですが、「自分の意見を主張する文章」であれば、OKです。