CM video-3 のコピー.jpg

コロナ禍だからこそ

音楽療法を

Covid-19 so music therapy

笹本 知栄己

1級 音楽療法士
2級 メンタル音楽療法士
くず葉学園 支援員

1,はじめに
 私たちは、平成28年度より、平均支援区分5.5の18名の日中活動支援を行って
きた。18名の内74%が機能低下を示し、内7名が車イス、7名が歩行時の手繋ぎ支援を必要とする。平均年齢は58歳で、男性10名、女性8名である

 

 新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、感染症が心配されるこの時期の活動は、支援員と利用者さの検温、消毒、マスクの着用、換気、通常よりも利用者さんとの距離をとり、握手などの極力接触を避け、安全で安心できる環境で音楽療法が実施できるよう感染対策をしっかり行い、支援員同士協力しプログラムを実施した。

 

 新型コロナウイルスの感染予防のため令和2年5月は音楽活動なし同年6月より活動日数や時間が半分以下に短縮され、利用者さんの急激な機能低下を心配された、しかし今まで取り組んできた音楽療法によるプログラムの効果で利用者さんの成長が変わらず、QOLが低下する事がなかったので報告を行う。

 

2、音楽療法とは

 音楽の持つ特性を活用するプログラムを通してリハビリテーションを行い、健康の維持、心身の障害の機能回復、生活の質の向上、問題行動の改善などを目的に行われている。利用者さんのニーズを叶えるために音楽療法は行われるので、障害の有無は問わず、子供から高齢者まで全ての年齢・性別の方が対象である。

 

 私たちの施設は「能動的音楽療法」と「受動的音楽療法」を組み合わせ、使い分けることで利用者さんのニーズにあったプログラムを提供してきた。

 

 音楽療法は大きく分けて「能動的音楽療法」「受動的音楽療法」の2種類ある。

能動的音楽療法‥‥楽器を演奏する、歌う、語り合う活動

受動的音楽療法‥‥音楽を聴きながらリラクゼーションへ導く方法・音楽を聴きながらイメージする方法等

 

3、音楽で前頭葉を活性化

 利用者さんはコロナ禍でご家族との面談、外出、月一度の家族会、大規模のイベント等様々な制限がかかってしまっている事により、ストレスなどが問題になり、利用者さんは身体より先に感情が老化してしまうと言われている。

 

 

【感情が老化すると】

・些細なことで怒りっぽくなる

・以前楽しめたものが楽しくなくなってきた

・他人の意見を受け入れることができずに衝突することが多くなった

・楽しみが見つけられなくなった

・自分が好きだったことさえも意欲がなくなってしまった

・何をするにも億劫になってしまった

これらは、日常生活のモチベーションに関わるものである。

 

【感情を刺激して前頭葉を活性化】

 音楽を聞くとやる気のもとのドーパミンが分泌され、 ドーパミンが分泌されると前頭葉を活性化する。前頭葉は脳の司令塔で、脳全体の回路が活発になる。高齢者の方でも「前頭葉」が活性化することが証明されている。

 

私の施設では、集団で行うプログラムが主である。

(集団で音楽療法を行うメリットは)

・周囲の関わりを持つ機会になり社会やコミュニティを意識できる

・周囲と一緒に達成感や満足感を味わうことができ、充実につながる

・一人ではできなくても集団だとできる

・周囲から受け入れられていると感じ、孤独感や疎外感が和らぐ

 

 前頭葉を活性化することで健康維持の観点からも非常に重要で集団で音楽療法を行えば多くの感情が動かされ前頭葉の活性化に繋がると言える。

 

 コロナ禍だからこそ感染対策をしっかり行いながら心身を活性化する為に音楽療法を取り入れる必要がある。

ナラティブ.JPG

4、音楽療法のさまざまな手法を使って取り組んできた。

 現在17のプログラムがあり、令和2年6月から週に1~2回、一日のうち音楽療法的支援は1時間を設け利用者さんの状況・参加人数でその日のプログラムを考えて取り組み、主なものをあげると、歌、パラバルーン、リズム体操、パーカッション、発声、手あそび等である。

 

プログラムの実際

 音楽療法のプログラムでは、音楽的要素を用いて、支援員と利用者さんの関係を基礎に望ましい成長や変化を促す環境を提供し、生活品質の向上を目指す。

「音楽的な要素」のひとつであるタイミングやリズム、テンポを合わせたり、キャッチボールのように音のやりとりを促したり、終わるタイミングを合わせて時間の共有を印象づけるといったアプローチをしている。

 プログラムでは、音楽の完成度を優先するのでなく、何よりも目の前にいる相手、人を第一に考える。音や音楽を通して交流を深めることができ、人と人とのつながりを感じられることが、音楽療法ならではの強みである。

 

・あいさつの歌

 コミュニケーションをとるため、プログラムを始める前に必ず「あいさつの歌」を行い、全員で活動の始まりを共有する。毎回同じ曲で行う事で「これから音楽の時間が始まる」と理解してもらえるようにする。

(新型コロナウイルスが流行するまでは、利用者さんと握手をしながら取り組んできたが令和2年6月からは必要以上の接触を避けるため、握手はせず利用者さんと職員が鈴を持ち、向き合い「あいさつのうた」を行ってきた。)

 

・パラバルーン
 利用者さん一人ひとりが力を出し、なおかつ全体がリズムに合わせていくことで、一
体感が生まれるプログラムです「一人ひとりが自分の力を出し、のびのびと表現する」ことと同時に、協調性も大事にし、仲間と力を合わせて取り組むことの楽しさを味わうことができる。

 

・パーカッション(打楽器)
 打楽器は、打てば鳴るという運動感覚と聴覚の統合が刺激的で利用者さんの注意を
引きつけやすく、そのリズムは他の利用者さんと協調を促す効果があるように感じる

 当初は、好き放題に鳴らす利用者さんが多かったが、楽器を鳴らしながら支援員の声を聞く事が出来るようになり、周りの様子を見ながらみんなと一緒に楽器を鳴らせるようになった。

 支援員の「スタート」「ストップ」の掛け声にも対応できるようになり「ストップ」で音の余韻で感動する利用者さんも増えた。

 ほかにも、自分が鳴らしていた楽器を他の利用者さんに譲る社会性も見られた。

 発語がない利用者さんが、いつもより強く叩いている、いつもよりリズムに乗って周りを楽しませようとしている等、打楽器で自分を表現できている。

 また、能動的音楽療法が苦手な利用者さんでも、振動が伝わりやすいバッファロードラムやフレームドラムのヘッドを触り流れてくる音に振動する感触を楽しんで同じ時間の共有でプログラムを楽しんでいる。

 

・おおきく「あ!」、小さく「あ!」の発声で深呼吸

 利用者さんは「あ」とか「う・・」しか発声できない、まったく発語が無い利用者さんが多く、そのような利用者さんに息や声をしっかり出してもらうため取り組んだ。

 取り組んでから1年半で「あっ!」と言える利用者が増えてきた。

 新型コロナウイルスの予防には深呼吸をして「肺活」をしよう等と言われているが、私の利用者さんで深呼吸が出来る利用者さんは少ない、そこで4拍で「あ~あ~あ~あっ!」と声を出してもらう。

 4拍声を出さなければならないので、自然に利用者さんは空気を沢山吸ってくれるようになった。

 

 

・終わりの歌
 帰りの歌が流れると「終わりの意識」が芽生え、自分の中で気持ちの切り替えがしや
すくなる。無理に終わりにされるのではなく、納得して終ることができるのが、音楽の素晴らしい点だと思う。

利用者さんの成長

 評価としては「意欲・表情・態度」「コミュニケーション」「音楽への反応」を設定し、について3人の職員で確認し5段階で評価をした。その結果について、利用者さん一人一人の平均を年度で追ってみた。

 

 評価尺度は、5とてもよくなった、4少しよくなった、3変わらず、2少し悪くなった、1悪化した、の5段階である。いずれの項目でも成長・改善を感じることができた。自閉症の方でこだわりの強い方もいたが事例で示す。

 

 共通して言えることは、皆さん音楽が好きだということである。

 音楽が嫌いな方はいない。もし嫌いな利用者さんがいたら、それは不快な思い出とつながっているのではないだろうか。無理やり教え込まれたり、強制されたり、嫌な騒音の連続だったり、そういう成育歴が要因だと思う。

 

 新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、令和2年5月から1か月間活動なし、6月から現在週に1~2回の活動となった、表をみて分かるように活動日数・時間が短くなっても利用者さんの成長が変わらず、今まで取り組んできた音楽療法によるプログラムの効果で利用者さんのQOLが低下する事がなかった。

スクリーンショット 2021-07-11 20.07.25 のコピー.jpg

プログラムをするときに大切にしている事 
利用者さんを知る事。
 私たちは「皆さんの事を何も知りません、だから貴方の事を知りたいです。沢山教えてください」という気持ちで関わってきた。

 支援員として、利用者さんの状況を事前に知っておく事は当然だが、記録を読み話を聞いて、かえって「先入観」や「偏見」を持つことが少なからずある。

 「この利用者さんはこういう利用者さん(人)だから○○した方が良いですよ」と言われるなら受け止められても、「この利用者さんはこういう利用者さん(人)だから○○しない方が良い」等と断定的に言われると驚いたり怖かったり同調しなければならないのだと思ったりする。


 「貴方の事を知りたい、沢山教えてください」と言う謙虚な気持ちで利用者さんに接すると、必ず応えてくれるように思う。利用者さんは表現方法が違うが、会話・打楽器・歌・表情などで自分をアピールしてくる。

 私たちは「利用者さんを受け入れ、心を大切にする」という信条で取り組み、利用者さんと「穏やかで温かい関係」を持ち、利用者さんが「希望を持って、笑顔になって頂く」ように音楽だけでなく「会話」や「笑い」を大切にしてきた。

 

私は音楽療法士だが、知的障害施設の支援員でもある

福祉の権利擁護で「意思決定支援」というものがある

 

自分で決める事の支援=意思決定支援

・障害の有無にかかわらず、人は皆権利の主体である

・すべての人は意思決定能力がある事が推定される

(分からない、できないと決めつけて他人が勝手に決めてはならない)

今までは意思能力がないという所からスタートしていたが、意思能力があるという所からスタートする。

・本人が自ら意思決定できるようあらゆる支援を尽くさなければならない。

一見すると不合理に見える意思決定でも、それだけで本人に意思決定がないと判断してはならない。

自分の事を決めることはとても重要

 

 打楽器を行う時に利用者さんに「鳴らしたい楽器を選んでください」と言うが自分では選ばない、選べない利用者さんがいる、そのような時にこの「意思決定支援」が頭をよぎる。

 果たして私が勝手に選んでいいのか、本人の表情を見ながら楽器を提供する時もある。

 プログラムを行っている時に「この楽器は鳴らしたくて鳴らしているのか?」など常にそう思いながら続けている。その事を上長に相談した時に「そのように思って取り組んでいる事がいいんだよ」と言われました。

 利用者さんはとても音楽プログラムを楽しんでいるが、私の価値観や思いだけで満足してはならないんだとこのコロナ禍で学んだ事である。

 

 
最後に

【共感し共有する】を心掛けている。

 知的障がい施設の支援員でもり音楽療法士の私は、利用者さんに共感し気持ちを共有することは、その方の不安を取り除き、心の安心感を生み出していく。

 自分自身を含めて私たちは誰かに自分自身を事を分かってもらいたく思い、そしてその気持ちをお互いに共有できたら嬉しくなる。

 スポーツ選手の場合も応援している皆さんが自分に共感し気持ちを共有していると感じる時、100%以上の力を発揮する事ができるという事を耳にする。

 自分のことに共感し気持ちを共有することは理解に通じる。自分を理解する人が身近にいる嬉しさは何ものも代えがないものであると私は思う。