床に寝そべる少女

コロナ禍にともなう
音楽療法士1級認定
の特例措置

Special Measures for Music Therapist Level 1 Certification by COVID-19

現在「音楽療法士1級」の申請条件は講座受講ではなく、実際に音楽療法を行い、臨床経験ポイント・研究発表ポイント・研修および講習会などの受講ポイント・小論文・在宅試験が条件となっています。

 

現在コロナ禍により、実際に音楽療法を施設等で行うことは難しく、また研修及び講習会を開催することも出来ない状況にあります。

このため次の条件で特例として「音楽療法士1級」申請受付及び、資格認定をしたいと思います。

 

■ 特例措置期間

期限は延長されました

申請期日:

2021年5月31日まででしたが、コロナ禍の終息が見えないため、当分の間延長したいと思います。

期限が決まりましたら、お知らせいたします。

■ 対象者

2021年8月16日以前に、通信講座を受講された方

 

「音楽療法士1級」申請条件

1)音楽療法士2級取得者

2)研究発表(デジタル出稿)

3)申請料 2万円(受験料:1万円含む)​

 

「音楽療法士1級」資格認定条件

4)小論文「病」(デジタル出稿)

5)在宅試験合格

  (180点満点 150点以上合格)

6)在宅試験が不合格となった場合

  再申請し再試験(複数回可能)

  再試験料:1万円

7)認定料 2.5万円

 

申請条件は音楽療法士2級取得者ですが、現在取得されている方は勿論、これから音楽療法士2級を取得される方も含まれます。

この機会に頑張って取得することをお薦めします。

なお、今までのポイントによる申請も受け付けております。

https://www.jnmta.net/mt-nintei-miti

<研究発表について>(小論文的に)

 1)研究発表の内容に関しては、何らかの形で音楽療法に関係していなければならない。

小論文のおおまかな基本


・序論 自分の「論点」と「意見」を示す
序論は、自分なりの論点(=問)を示し、それに対する自分の意見を簡潔に述べる。
字数の目安 5%

 


・本論 「意見」の理由を書く
意見を裏付ける理由を書く。論点についての自分の考察や、証拠となる事例など、結論の正しさを証明する根拠を挙げ、それを筋道だてて説明する。
字数の目安 80%

 


・結論 自分の「意見」を書く
序論で示した自分の考えを、もう一度まとめ直して書く。
序論と結論は呼応していなければならない。
本論の要点をここでまとめ、自分の意見をはっきりと出す。
字数目安 15%

このような感じですが、「自分の意見を主張する文章」であれば、OKです。

2)原稿はデジタル出稿(メールやWordなど)とする。

基本的に、手書き原稿は受け付けない。(手書きの場合:要相談)

<小論文について>

1)テーマは「病」(何らかの形で、音楽療法に関係していること)

2)原稿はデジタル出稿(メール文面やWordなど)とする。

基本的に、手書き原稿は受け付けない。(手書きの場合:要相談)

申請料 20.000円

認定料 25.000円

郵便振込や銀行振込を希望の方は、ご連絡下さい。